神経を取るという事

● 神経を取るという事

歯の表面はエナメル質がありその内側に象牙質があります。その象牙質の中に空洞がありその中に神経や血管、リンパ管などが入っています。これを歯髄といい歯の根っこの先に小さな穴が開いていて骨の中に続いています。

神経を取るという事は、血管やリンパ管も取り去るという事になります。

では、なぜ神経を取るのでしょう。虫歯が深くなると細菌が歯髄に入って炎症を起こします。一度細菌が入って炎症を起こすと中のものが全て駄目になってしまう事が多いのです。そのため中のものを全て取り除き、薬をつめ蓋をします。

 

● 神経を取ってしまった歯はどうなる?

神経が有ると言う事は、歯は生きています。神経を取ると血管も一緒に取り去るため歯に栄養を送る事ができなくなり、歯は、死んでしまいます。

よく生きている竹と枯れた竹にたとえたりしますが 歯も枯れた竹が茶色くなって割れやすいように 歯の色が黒ずんできたり また歯が弱くなっていたりするので 歯が折れたり割れたりすることもあります。

 

神経を取った歯は、虫歯になっても痛くないため気づくのが遅くなると大きな虫歯になっていることがあります。

神経の入っている根の管(根管)は、曲ったり網状になっていたりして完璧に神経をとりきれないこともあります。根管を無菌状態にしてゴムで密閉しますが、取りきれなかった神経の残りが感染源になり一度治療した根の先が化膿すると 再治療となることがあります。(感染根管治療)

    

▲このページの先頭へ