X線撮影は、なぜ必要?

X線撮影は、なぜ必要?

歯の治療をされるときX線写真を撮られてどうして?と思われたことがあるかもしれません。
X線写真は色々な検査の中でも特に重要な検査です。口の中だけを見てのわからないところが見えてくるのです。

全体を撮るパノラマX線写真は、全体的な歯や歯槽骨(顎の骨)の状態がわかります。

数本の歯を撮影する小さいサイズのデンタルX線写真は、照射方向を目的によって変えることができ、より詳しく見ることができます。


更に詳しく診断、精査に適しているのが、デンタルCTです。
二次元像の通常のレントゲン写真では診断できないような隠れた病巣や骨の状態、歯の状態を三次元的に高感度で検出することができ、治療に生かす事ができます。
特にインプラントの術前診査に最適です。

 

 



歯科用のX線撮影の放射線量はごく微量で更に被爆量を最小限に防ぐため防護用のエプロンもかけていただきますのでご安心ください。
撮影の前にめがねやアクセサリーを外していただく場合があります。
妊娠されている方は、お知らせください。

▲このページの先頭へ