歯周病には患者さんの行動が大きくかかわる!

現在、当医院には定期的にメインテナンスに来られる患者さんが多くいらっしゃいます。 でも単に1か月から3か月に来院し口腔内を徹底して清掃することだけでは歯 周病の問題は解決しません。 歯科衛生士と患者さんが歯周病を管理するためには、まず患者さん自身が疾患に対して向き合うことが出来るように支えること、そして毎日の歯の健康管理の方法を教えセルフケアを成功させていくように支援することが必要です。こうした積み重ねがなければ歯周病の原因を改善することが出来ません。現実的にプラークを取り除くという日々の習慣が大事なのです。「毎日歯磨き面倒だし、歯医者でクリーニングしてもらっていれば大丈夫でしょ。」はダメなのです。 定期的にPMTCを行っても継続的なセルフケアがない限りPMTCそのものの効果はわずかしかないとされています。患者さんのセルフケアが難しい歯面や炎症がある歯肉においてPMTCだけを行ったとしても、プラークがなくなるのは一時的にすぎずその後プラークの付着は健康的ない肉より早く起こり、その状態が継続的に続くことになり歯肉炎さえ解消されないに決まっているのです。 つまり、患者さんの歯周病を管理するのは常に全歯面からバイオフィルムを持続的に除去することが重要となります

▲このページの先頭へ