歯に最も大切な栄養素、カルシウム

 

丈夫な歯をつくるためにはバランスの良い食事が大切ですが、

中でも、カルシウムは歯を作るもとになり、

健康な歯を維持するために最も必要なものです。

歯のエナメル質の97%、象牙質の70%がカルシウムで、

唾液成分にもカルシウムが含まれています。

エナメル質は人体でもっとも硬い組織であり、

エナメル質を支えるのが象牙質です。

カルシウムは体内に最も多くあるミネラルで、

99%は骨や歯のなかに貯蔵されています。

体内で作ることができないため、

不足すると貯蔵庫である骨や歯から補われます。

カルシウムは、エナメル質の細かい傷を再石灰化させる作用があり、

歯を強くするだけでなく、

骨粗しょう症の予防にもなります。

乳製品・小魚など様々な食品から摂取出来ますが、

特に乳製品からのカルシウム吸収率は高いと言われています。

日本人に一番不足している栄養素がカルシウムです。

吸収率の悪い栄養素でもあることからも

心がけてカルシウムを多く含む食品を選んで食すように心がけましょう。 

 

 

                                 

 

                                  
 

                                   
                                 
 

▲このページの先頭へ