小腸ケア

小腸ケア
しっかりプラークコントロールをしても100%歯周病菌を除去することは不可能です。
口腔内には、歯周病菌が残っていて免疫細胞と戦っています。
そこで大切なのが、歯周病菌に打ち勝つ力強い免疫細胞が必要です
この免疫細胞は、口を通じて体に入ってくるさまざまな病原菌の侵入を防ぐため多くが小腸に待機しています。常にと留まっているわけではなく、体のあちこちをパトロールしています。口腔内に歯周病菌が増えたときは、小腸からリンパ節を経由して歯肉に駆けつけます。歯周病を予防するためには「小腸」の免疫細胞の能力を日ごろから高めておくことが大切です。
そのためには、腸内環境を整えることです。
善玉菌を含む食材(乳酸菌やビフィズス菌)や、善玉菌を増やし活性化させるような食材をバランスよく摂取しましょう。
そして、適度な運動・良質な睡眠を心がけ、冷えを避けて体を温めましょう(入浴など)。
心的ストレスを上手に解消しましょう。

                            

子供の肥満と噛む習慣

子供の肥満と噛む習慣
ここ30年で肥満傾向の子供は2〜3倍に増えていて、内臓脂肪の蓄積によって子供の頃から高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病にいたるケースが増えています。
原因の一つに食事の変化があります。
                
現在の食事は、低カロリーの魚や野菜中心の食事から高カロリーな肉中心の食事に変化していています。さらに堅い食べ物を好まず柔らかい食べ物を好む傾向になっています。

               
あまり噛まないで、5〜10分の早食いになってしまうとまたすぐおなかが減ってしまいます。
よく噛んでゆっくり食事をすることで満腹感が得られ、食べ過ぎを防ぎます。
子供の肥満解消のために取り入れたいことは、規則正しい生活・早寝早起き・外遊びや運動を増やす・そして栄養バランスのとれた食事と、よく噛んで食べる習慣をつけることが大切です。

 

高齢になっても美味しく楽しく食事をするために

高齢になっても美味しく楽しく食事をするために

食事が思うように進まないと栄養状態が低下し体調不良や気分が落ち込むことがあります。
時に低栄養や脱水など思わぬ重篤な状態に陥ることもあります。
症状が軽いうちに食事の形や食べ方の確認や改善が必要です。
チェックポイントの項目に当てはまることがあったら、かかりつけの医師・歯科医師やに相談してみましょう。

ここに本文を記入してください。
                
 

 

咀嚼回数UPで、健康生活

現代の食事の時に噛む回数は、大体600回ほどで、戦前と比べても半分くらいになっています。
カレーやハンバーグ、スパゲチィーなどの食べ物は柔らかく力を入れて噛まなくてもよいものが多く利用されています。
噛む回数が減ると噛む力が弱くなり脳への刺激が足りなくなり集中力や記憶力などの脳の働きに影響します。
また唾液の量が減り唾液の働きが弱くなります。たくさん噛むことは唾液が多く出るようになります。唾液は、消化を助けるものや、抗菌・殺菌作用、骨や歯の発達を促進するホルモンや、唾液中のPHを中性に保つ役割など多くの良い働きがあり、口腔内の清潔を保ち歯周病や虫歯の予防にも関係します。
歯周病や虫歯などで歯を失うと食べ物の消化吸収がうまくいかず全身の健康状態にも関係してくるようになります。
子供のころから噛みごたえのある食材をとるようにしましょう。
硬くはないが何回も噛まないと飲み込めないような噛みごたえのある食材を
普段の料理にちょっとだけ加えたり、食材を少し大きく切ったりしてみてください。

                
 

ロコモティブ・シンドローム

身の回りのことが自分で行え、自立可能な期間を健康寿命と言いますがそれに影響を及ぼす3大疾患として ”メタボリック・シンドローム“ ”認知症“ ”ロコモティブ・シンドローム“が揚げられます。

             
最近よく耳にする、「ロコモティブ・シンドローム」は、骨・関節、脊椎の椎間板・筋肉、靭帯、神経系と結う要素で構成されている運動器の障害により要介護になる可能性が高い状態を言います。
運動器疾患としては、関節疾患、骨折、転倒、頚椎損傷などがあげられ要介護になる原因の大きな割合を占めています。
予防としては、足腰の筋肉強化やバランス力の向上などのトレーニングが挙げられますが、
骨や筋肉など体をつくるもとは毎日の食事です。
タンパク質 炭水化物 脂質 ビタミン ミネラルの5大栄養素をバランスよく摂ることが大事です。
要介護度が上がるにつれ 柔らかいものなら噛める・ほとんど噛めないという方が増えてきます。口腔内の悪化や機能の低下により食事がうまく取れなくなり、体が衰退していくこともあります。
まずは、口から食べ物をとり栄養を補給するために口腔内の環境を整えていくことが大切です。

             

▲このページの先頭へ